2012年の6月より始まりました「さんがうら歳時記」です。さんがうらでは四季折々の花が咲き、様々な生き物たちが顔を
のぞかせてくれます。ここでは、そんな田舎ならではの風景や出来事を紹介していきたいと思います。

そして、最終更新日の2015年3月22日以来、約3年9か月ぶりに復活です。2019年1月に復活。ブログもSNSも良いけれど、「さんがうら歳時記」は
やっぱりこれが原点です。アナログと言われようが時代遅れと言われようが(どっちも一緒か)、こっちの方が更新しやすいんです。


3月12日(火曜日) 今年もこのイベントがやってきた〜 「松谷棚田竹灯ろうの夕べ」!!

 超きれいだけれど、超きついイベント、「松谷棚田竹灯ろうの夕べ」
 今年も開催の運びとなりました。実施日は3月21日(木) 祭日の開催ですね。
 棚田に1800〜2000本の灯ろうの明かりを燈すイベント。

 今年は春分の日、そしてお彼岸の中日です。しかも満月で大潮のおまけつき。
 なんで、そんな忙しい日に開催するんだ? という声が聞こえてきそうですが、
 理由はただ一つ。「この日しか空いていなかったから」

 いやね〜、ほんとこれ体力を恐ろしく消耗するんですよ。朝から棚田を登ったり下ったり…
 万歩計がですね、正午の時点で2万5000歩とか計測するわけです。平地ではなく、棚田の坂を
 上下する運動で、です。もう、午後からは使命感と意地でやっているようなものです。
 夕方から点灯した後も、見回りながら、消えた灯ろうに火をつけなきゃならない。
 暗いし、寒いし、腹は減るし、足はつりそうになるし、淡く光る光がちらつくたびに、
 「おのれ、これは”黄泉比良坂”か、はたまた”死出の山”か!」などとつぶやきたくなります。
 でもそんな荒れた心を癒してくれるのは、展望所から聞こえるオカリナのメロディ♪

今年もオカリナコンサート、棚田展望所であります。棚田で保守に当たっている我々にもよく聞こえます。まさに癒しのメロディです。演奏者は、人吉球磨を中心に活動されているオカリナ奏者の俊郎さんです。雨天時は、竹灯ろうへの点火は無しですが、オカリナコンサート自体は体育館で開催します。
棚田展望所では、軽トラカフェも開催します。こちらも雨天時は体育館でコンサートと一緒に行いますので、是非ご来場ください!!

当日は18時30分の日の入り。灯ろうに火を入れるのが17:30から。空が闇に覆われる前の薄明の時間帯、いわゆる「ブルーモーメント」「マジックアワー」、和的に言うと「逢魔が時」が、18:50〜19:00位と思います。天気が良ければ、の話ですがこちらもお楽しみに!! 
また満月の影響もどうか、というところですので、いろんな要素が詰まった、今回の「松谷棚田竹灯ろうの夕べ」、ぜひご来場ください!!

良かった、うまくまとまった〜

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月25日(月曜日) 威風堂々 樹齢300年の毎床大桜

 今年も山桜が満開を迎えました。毎床地区にある「毎床大桜」
 満開になる少し前から、多くの方が見に来られて賑わっています。

 9年ほど前に杉林の伐採によってその姿を現しました。地元の方に聞くと、昔から桜あることは
 知られていたようですが、その姿が明らかになってその大きさも初めて分かったようです。

 この桜、発見当時は杉林に囲まれていたせいか、下の部分は今ほど大きくありませんでした。
 上部が大きく下が小さくなっていて、最初見た時には「ハートの形だ〜」なんて思いました。
 近頃は、光を遮るものがなくなった影響か、だんだんと大きくなっている模様。
 しかし、山桜の寿命は長いのですね。ソメイヨシノは60年ほどなのに、数百年も生きている。
 そしてまだ大きくなっている。何か、自然の強さというか、雄々しさを感じますね。

 300年前と言えば、この毎床地区を流れている「毎床溝」ができていません。先人たちが苦労を
 して切り拓いてきた毎床の歴史を、この桜はじっと見つめてきたのですね。そう考えると、この
 桜は地区の守り神なのかも、と思ってしまうくらいです。

そういえば、こそ桜の手前に大きな岩があるのですが、この岩の上にある窪みに溜まった水は、絶対に枯れることがない、という言い伝えがあります。ん〜、
そう考えるとますます神がかってきますね。「さんがうら」は三ヶ浦地域にありますが、この地域はいろいろな伝承が遺されているところでもあります。
もっと詳しく調べてみると面白いかもしれませんね。皆さんの住んでいる地区でも調べてみると面白いかも。意外な事実が見つかるかもしれませんよ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------