2012年の6月より始まりました「さんがうら歳時記」です。さんがうらでは四季折々の花が咲き、様々な生き物たちが顔を
のぞかせてくれます。ここでは、そんな田舎ならではの風景や出来事を紹介していきたいと思います。

12月2日 (火曜日) 師走に突入。師ではないけど、私たちも忙しか〜

 ついにこの月がやってきました。年末、12月。 え〜!? もう12月なの!?
 正直な所、あんまり実感がありません。まだ、10月くらいの感じがしています。
 なぜかというと、夏休み期間中の、あの忙しさの余韻がまだ続いているからです。

 実際、忙しく動いているわけなんですが、年末ともなると色々とやらなければならないことが増
 えてくるわけで……

 アレも!! ソレも!! コレも!! ドレも!!  アッチも!! ソッチも!! コッチも!! ドッチも!!

 ぐぬぬ…… おのれ、「こそあど言葉」め!! 大人になった今でも私の前に立ちはだかるか!?

 しかし、私は大人になった。昔とは違う。五段活用はもちろん、上一段活用も下一段活用も、
 いいや、あのカ行変格活用ですらも、私を苦しめることはできないだろう!!

 ……というわけで!? 毎日のように「こそあど対決」は続いているのです。

ところで、本日の写真の光景。お客さま用の玄関から、駐車場を見た時の光景です。冬のせいか、色も霞んで寂しくなっています。こんなのを見ると、ホントに12月なんだなぁと感じてしまいます。また、昨日は木枯らしが強く吹き荒れ、台風みたいな状況でした。気温も今日はグッと下がり、寒さがこたえます……しかし、そんな時こそ、Tシャツにジャンバー1丁!! 中間服を1枚しか持たない私は今日も行く!! 負けてなるものか!! イヤッホゥ〜!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

12月6日 (土曜日) 雪が迫ってきました

 朝から寒い寒いと思っていました。で、さんがうらに着いたら、こんななっていました。
 そうです。雪なんです。今年度、さんがうらから見ることが出来た初めての積雪です。

 出勤時、大無田地区の佐土野高原に差し掛かったところ、パラパラと雪が降り始めました。
 これは、もしかしたら…… と思っていると、やっぱり!!
 さんがうらが近くなり、目の前が開けたその瞬間、白く冠雪した山々が目に入ってきました。

 中山間地とはいえ、南国に近く、標高も高くないこの地で積雪を見るのは、1年間でもそんなに
 ありません。球磨村の中でも、もっと高地にある地域には雪が積もりますが、さんがうら周辺で
 は珍しいのです。(一昔前は、結構積もることもありましたが、最近はほとんど積もりません)

 よって施設に着くなり、カメラを持って周辺を移動。しばらくの間、撮影をしてみたわけです。
 この写真は、体育館の奥、西側をアップで撮ったものです。

 うっすらとですが、冠雪しているのがわかると思います。

これより高い所では、真っ白になっていました。雪の境界線の部分は、標高300m付近。近年、その傾向を調べていましたが、球磨村は、どうやらこの辺りがラインのようです。この施設は、標高にして250mラインなので、あまり積もることが無いのです。ちなみに500m以上になると、雪が降れば結構な確率で積雪します。三ヶ浦地域で言えば茂田や遠原地区が当てはまりますが、この地区は、もう12月に入ってからは雪が降り、積雪していたそうです。今日、電話で聞いたら、3〜5センチの積雪との事。同じ球磨村でもこんなに違うのだなぁ、とつくづく思います。さて、明日の天気予報は、晴れのち曇り。今日は、午後から晴れたので、放射冷却で冷え込むでしょうね。予想気温は…… やっぱり!! −1度だって。うわぁ〜、こりゃあたまらん。風邪ひかないように注意しないと!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

12月15日 (月曜日) 霜が強いです

 なんだかんだ言っても、朝はやっぱり冷え込みますね。布団から出るのが億劫なくらいです。
 しかし、この時期に最も気をつけなければいけないのは、風邪… ではなくて「二度寝」!!

 布団から出たくないものだから、「もうちょっと」なんて思っていると大変なことになります。
 休みの日なんか気を抜いていると二度寝してしまって「しまった!!」と思うこともあります。

 いやもったいない。冬は寒いですが、比較的天候も良く、外で活動するのには良い時期です。
 とは言っても、国土の半分近くが豪雪地帯の日本。おそらく九州などの、南部地域。それも低地
 などの一部の地域位しか、冬でも野外活動できる所は無いのかもしれません。

 そんな場所に住んでいるわけですが、それでも朝は霜が降りてきます。写真を見るとわかります
 が、白くなっているのは雪ではなく、霜です。当然、車のガラスは霜で凍りますし、真冬ともな
 ると、水道が凍ってしまうこともしばしばあるのです。

 そして冬。道端には、凍結防止の塩化カルシウムが常備されています。意外でしょうか?

とは言うものの、霜が降った日は、その後大抵晴れますので、すぐに霜は融けて無くなってしまいます。「さんがうら」に関して言えば、車が通れなくなるようなことはありません。別に4輪駆動の車でなくとも大丈夫です。むしろ、そんな日にこそ来てもらえば、青空の下、里山の冬の風景を楽しめる絶好の日なのです。というわけで、「冬でも野外で楽しめますよ」という宣伝にたどりつきました。これ、ほんとですよ!! 今日も絶好調の天気です!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

12月19日 (金曜日) 2日前の雪の様子です。いやこれは凄かったです

 これ、見てください。12月17日(水曜日)のさんがうらの様子です。朝8時20分頃です。
 久しぶりにこんなに雪が降りました。こんなに積もったのは、いつ以来だろうという感じです。

 当然、雪は降ることもあるし、時には積もることもあります。
 しかし、このように白銀世界になるようなことはほとんど無いし、ましてや20cm以上積もること
 など、最近ではなかったことです。

 この日は、日本中で「爆弾低気圧」の影響を受けました。台風並みの勢力を持った低気圧が発生
 日本列島に接近したからなのですが、この前日(12月16日)に吹き荒れた風も、ものすごい勢い
 でした。今年の夏に来た、どの台風よりも強い風が吹き荒れていました。

 何か、予兆はあったんですよね。翌日の天気予報も「雪」でしたし。
 しかし、ですね、まさかこんな事になっているとは思いもよらないわけです。
 朝、起きて「寒いなぁ」と思って窓を開けてみたのです。そしたらびっくり!!

 まずは一言。「なんじゃあ、こりゃあ!?」

 あ、説明が遅れましたが、この記事を書いている本人は、下界の人間です(笑)
 下界(標高90m付近)でもそんな感じだったので、当然、不安はありました。
 まずは、無事にさんがうらへたどり着けるだろうか、と。さんがうらの方角の山々は、どんより
 と曇っており、ますます不安は募る一方……

 しかし、迷ってても仕方ないので、マイカーに乗って、いざ出発。
 そしたら案の定、途中からドカ降りになったのです。もう、ヤバい位の降り方です。

 大無田地区で、積雪20cm超え、佐土野高原近くで25cm…… さすがにヤバい。
 乗っている車が4輪駆動でなければ、とっくにアウトでした。さらにカーブが続くので、たまらず
 グリップコントロールを始動。しかし、それでも少しだけ滑ることもありました。

そしてなんとか無事にたどりついたわけですが、さんがうらの状況はこんな感じになっていたわけです。いやぁ、車の運転でビビったのは、大雪の中のえびの高原を霧島神宮に向かって、後輪駆動のユーノスロードスターで走った時以来です。(この時は、結局途中でスピンして、断念し下山しましたが……)今回は4輪駆動でしたので良かったですけれどね。しかし、南国の人間なので、雪道に慣れていないので、4輪駆動といえどビビッてしまいました。

この日は、お昼近くまで牡丹雪が降り、こちらの地方としては珍しく、最高気温が3度に到達しませんでした。12月で最高気温が3度未満というのは、極めて稀なことです。1月中旬〜下旬の最も冷え込む時期にはあり得ることなのですが…… という感じで、びっくりな出来事だった今回の大雪。2日経ち、大体の雪は溶けて無くなりましたが、日影の場所はまだまだ残雪があります。そして、本日は、最低気温がマイナス6度というとんでもない状況になっております……

まだまだ寒さが続くようですね。年末に向け忙しい時です。体を壊すようなことがないように注意して過ごさないといけません。皆様方も、お体には十分ご自愛ください。さんがうらも、次の20・21日は今年最後のイベントを開催します。良い天気になるように願いながら、せっせと準備に励む1日となります。今日も頑張っていきます!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

12月28日 (日曜日) 天狗山が!!

 もう少しでお正月。気がつけば、あと4日後に迫ってきました。早いものですね。

 世の中は、すでに御用納めしている所も多いですね。そりゃそうです。年末ですものね。
 しかし、我々の御用納めはまだです。お客様のご利用は無いのですが、やることが残っておりま
 すので、事務所に入り浸って事務処理なんかをやっております。

 来年は、更にやりたいことがいっぱいあります。
 本腰を入れて取り組みたいことも、新たに取り組みたいことも。欲張りな位に沢山あります。
 でも、あれもこれもでは中途半端になってしまいます。それではいけない。
 これまで、いろんなパターンで総合的に分析してきましたが、その中で来年度より確実に展開で
 きるものを一つ一つやって行きたいと思っています。

 「さんがうら」がオープンして、4回目の正月。まだまだこれからという時期です。
 焦らず、でも確実に、やれることを増やしていきたいと思っています。
 これからの「さんがうら」にも乞うご期待です!!

 ところで、そんな話とは関係ないとも思える本日の写真。

 「どこかで見たことある」「またこの山か」などの声が聞こえてきそうですが、その通りです。
 天狗山ですね。事あるごとにご紹介してきたこの山。初出は、2012年の6月29日の記事でした。
 あのときは、こんな話をしました。(歳時記2012年6月29日へのリンク)←クリック!!

 夏と冬では、ずいぶんと雰囲気が違いますね。良く見ると、以前あったすべり台等の遊具類が無
 くなっています。これは、全国的に問題になった遊具の強度の問題で、こちらも詳しく調査した
 ところ、強度不足と判断され撤去されたためです。

 他にもいろいろと変化がありますが、それは次の機会にという事で……

 本日この写真をアップした理由は、この天狗山に明らかな変化が見られたためなのです。
 決して「崩れそう」とかそんな危険な理由ではありません。念のため……
 で、よ〜〜〜〜〜く見てください。昔とどう変わってきているか?

アップにしているので、もうわかったかと思いますが左側斜面の木が無くなっています。ふさふさと生い茂っていた木が無くなっています。でも先程言ったように危険なわけでありません。では何故か? それはですね、この山の奥に広がる杉の木を伐採しているからなのです。しかしそのため、ハゲかかったようなみすぼらしい姿になってしまっているのです。う〜ん、これは少し情けない。これでは天狗山としての威厳が保たれません。できるならば、スッキリとカットして欲しいものです。強く望みます。

そして実は、この奥には素晴らしい光景が広がっているのですが、その場所にたどり着くのには多少の苦労が必要です。今度機会があれば風景写真もアップしたいと思いますので楽しみにお待ちください。それでは本日はここまで!! 年末までには、あと1回は更新しますよ!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

12月29日 (月曜日) 2014年 最後の歳時記更新

 田舎の体験交流館「さんがうら」 歳時記2014、今年最後の投稿となります。

 2013年の最後の投稿も12月29日でした。気がつけば、あれからもう1年の月日が経ちました。
 今年も、ここには書き尽くせないほど様々な出来事がありました。

 あの時に「進化」という目標を掲げました。「変化」から「進化」させると。
 振り返ってみると、出来た部分・出来なかった部分が明確に分かれた気がします。
 それでも、全体的にみたら「進化」できたのではないかと感じています。

 来年は、その「進化」した部分は「深化」させていきたいですし、出来なかった部分に関しては
 改めて「進化」させたいと思っています。

 そして、来年の目標ですが、「展開」という言葉で表現したいと思います。
 「新たなる挑戦」といってもいいかもしれません。
 ずっと考えてきたこと。やりたかったこと。それを形にする活動を行いたいと思います。

 今年も、新しい出会いと再会に溢れた1年でした。
 ここで活動していて、最も嬉しいのが人と人とのふれあいであり、その人の笑顔です。

 良かったことも悪かったことも、当然あるわけですが、そんな時に私たちを救ってくれたのは、
 やはり、お客様や地元の方々でした。

 本当にたくさんの人々に支えられているのだと実感し、ただただ感謝するばかりです。
 皆様のおかげで、今年1年間を走り続けられたのだと思います。

 皆様方は、この1年間、どんな1年だったでしょうか?

 それぞれに想いは違うと思いますが、「さんがうら」はそんな皆様の力によって支えられてきた
 のです。いろんな想いが、この施設にはあるのです。

 願わくば、来年も皆様方と共に月日を歩んでいけたら、と思っています。

さて!! 今年の「歳時記」の振り返りですが、今年はあまり暴走することがなかったなぁ、と思います。真面目に書き過ぎた分、面白みが消えてしまったかなとも感じています。「歳時記」に関しては「進化」ではなく「退化」してしまったかなぁと反省しきりです。なので!! 来年は弾けます!! オープンして4回目のお正月。暴露ネタも増えてきました。ここいらでさらに面白くしてやろうと画策中です。来年の「歳時記」もお楽しみに!!

そして、昨年同様〆の言葉はこれにします。

それでは皆様、良いお年をお迎えください!!

さらば2014年!! ありがとう2014年!! そしてカモン!!!! 2015年!!!!

See you next year!!  では、また来年お会いしましょう!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------