2012年の6月より始まりました「さんがうら歳時記」です。さんがうらでは四季折々の花が咲き、様々な生き物たちが顔を
のぞかせてくれます。ここでは、そんな田舎ならではの風景や出来事を紹介していきたいと思います。

9月4日 (金曜日) もう、9月か!!

 で、もう9月なのです。8月は、たった1回しか更新できませんでした。いつものことながら、情け
 なく感じます。でも、でもね、今年は昨年以上に忙しかったんです!!

 保育園や、小・中・高校生に大学生、一般の方々。沢山の方に来ていただきました。
 台風で中止が入った以外は、ほぼ全ての日が予定で一杯になりました。

 そして今年もまた、たくさんの出会いと再会に溢れた夏休み期間となりました。

 が、しかし!! 今年は雨が非常に多い年でした。日本全国、雨が降り続けて災害が発生した地域も
 多くありました。幸い、こちら側は災は、今のところ発生していませんが、日照不足に悩まされ
 る月でした。発表では、人吉球磨の日照時間は平年の40%。80時間程度しかありませんでした。
 これは、観測史上最低の数字という事です。また、猛暑日がなんと0日!! これもまたすごい数値
 です。こんな夏休みは始めてです。1日を通して晴れた日がありませんでした。

 いかに、今年の夏が異常だったかがわかります。

そして、こんな天気が9月に入っても続いています。こうなってくると、農作物も心配になります。写真にある当館下の水田ですが、このお米も心配です。これから先、こういった天候不順が続けば、いもち病やウンカの発生にもつながってきます。大切に育てた稲が台無しになってしまいます。それは、絶対に防がねばなりません。こんな不安が先に来る月は珍しいです。いつも以上に気を引き締めてかからねばなりません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月22日 (月曜日) 野外活動の雨対策

 気がつけば、9月も22日になってしまいました。
 さんがうらは、施設長がテレビ朝日の「人生の楽園」に主演したことで、お問合せも多く頂戴す
 るようになり、忙しい毎日を送っています。ありがたいことです。

 しかし、体験の方のご来館が増えるにつれ、今年の雨を恨めしく思うことがあります。
 せっかくの野外体験も中止になったり、変更になったり… 残念に思うこともしばしばです。

 写真は、応急処置として、2階からブルーシートをかけているところです。
 藤棚にかけて引っ張り、屋根の役割をさせています。その下にあるブロックは、飯盒炊爨などに
 使うものです。これで、一応雨はしのげますので、野外での炊飯活動はできます。ドラム缶風呂
 も出来るでしょう。

 しかし、これは応急的なものなので、土砂降りの雨の時はさすがに無理があります。

今年の夏は、こういった感じで乗り切って来たのですが、来年はこんな苦労をしたくありません。やっぱり、晴天の下、思いっきり野外活動を楽しんでほしいものです。ポジティブな考え方をすると、今年の長雨は、良い教訓になり、新たな課題を発見させてくれたとも言えます。泣き言ばかり言わずに、しっかりと改善を行っていきたいと思います。さんがうらも、レベルアップさせていかなくてはなりませんからね!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------