2012年の6月より始まりました「さんがうら歳時記」です。さんがうらでは四季折々の花が咲き、様々な生き物たちが顔を
のぞかせてくれます。ここでは、そんな田舎ならではの風景や出来事を紹介していきたいと思います。

3月 8日 (土曜日) 体育館、耐震補強工事完了目前!!

 1月から始まっていた、体育館の耐震補強工事。それがついに終わろうとしています。

 以前、この「歳時記」で紹介したときは、体育館の周りを工事用の足場が囲んでいました。
 今は、それも撤去され、後片付けの最中のようです。
 これまで、たくさんの職人の方が来られて賑やかでしたが、今は少なくなりました。車も結構来てい
 たので、いざ少なくなると寂しく感じるものですね。

 体育館、よく見ると、外観もきれいになっているのが分かっていただけると思います。
 というのも、外壁の塗装がはがれたところや、汚れているところも清掃し、補修してもらったからで
 す。日の光に照らされて、体育館が輝いています。きっと体育館本人も喜んでいることでしょう。

 そしてどうやら、春休みに間に合いそうです。学校や企業のスポーツ合宿はもちろん、地区の方々の
 運動の場としても使われている、この体育館。近々、三ヶ浦住民による球技大会も催されます。これ
 で一安心です。

3月に入り、あたたかさも増しました。霜が降りることも少なくなりました。真冬の朝方、車のフロントガラスにこびりついて困らせてくれた霜も、以前ほどではありません。道端には、菜の花が咲き、ふきのとうなどの春の山野草が顔を出すようになりました。飛び交う鳥たちも、なんだか嬉しそうに鳴いています。う〜ん、春だという実感が湧いてきました!! しかし、こんな季節は要注意。心は春色でもいいと思うのですが、頭の中まで春にならないようにしないと。

そして、私の最大の敵「スギ花粉」 ただいま、戦いの真っ最中です。ひどい時には、嗅覚がやられて料理の味がわからなくなるほどの戦い。今はまだ大丈夫ですが、気が抜けません。予防注射やマスクなどはせず、ガチで戦う派なので油断できないのです。今日も飛んでいますね、スギ花粉。野郎、勝負だ!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月17日 (月曜日) ドラム缶風呂、制作が着々と進行中

 現在、着々と進行しているドラム缶風呂の制作。2日前までは原形のままでしたが、だんだんと形になっ
 てきました。中に付着していた油は、きれいにふき取られ、さび止め、塗装含めて完成しました。排気管
 (煙突)が、中々いい味を出していますね。下部が、薪を入れて燃やすところで、排煙対策の傘もありま
 す。結構システマチックに出来上がっていると思っています。

 土台は、ブロックで制作します。設置場所も決めました。水利も確保済。脱衣場も決定し、あとは風呂に
 敷く下駄や、すのこ類を作ります。ここで、前回紹介した「丸のこ」が活躍するというシナリオですね。

 2つあるドラム缶風呂。1つは、金色。もう1つは銀色…… 色がどうのこうのは、私は言いませんが、
 なんだか成金風呂のようです。特に夜、これに入っていると王になった気分になる……かもしれません。
 闇夜の中、明かりに照らされ燦然と輝く黄金の風呂に入るのです。まさに「キング・オブ・キングス」!!
 という感じじゃありませんか? または「クィーン・オブ・クィーンズ」でしょうか。ま、外からは見え
 ないんですけどね……

この2つのドラム缶風呂ですが、まだ正式名称が決まっていません。ただ今、考え中です。クソ真面目な名前よりも、楽しげな名前の方がいいと思っているのですが、どうなるかまだわかりません。そして、外からは見えない仕様になるかと思うんですが、周囲は取り外し可能で「露天ドラム缶風呂」にも出来るようにしたいなぁ、とも思っております。何にせよ、完成が楽しみなアイテムです。乞う、ご期待!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月28日 (金曜日) 

 もうすぐ4月になります。年度末のこの時期は忙しく、バタバタと毎日を過ごしていました。気がつけば
 辺りには、菜の花が咲き、学校を囲んでいる桜も満開となりました。

 ここ数日はあたたかい日が続き、外で作業をすると汗ばむくらいの陽気でした。1年中、自然に囲まれて
 仕事をしているわけですが、やはりこの季節は強くそれを実感できますね。

 冬の間、その成長を止めていた草木が一斉に芽吹き、躍動し始めるのです。里山に、力がみなぎり、元
 気になっていくのが手に取るようにわかります。

 ただし、前にも書いたと思いますが、私の天敵「スギの花粉」が飛びます。杉から花粉が放たれたあの
 瞬間は背筋が凍りつくほどです。白い花粉が霧状になって飛び散って行くのです。私にとっては、あれ
 は毒霧以外の何物でもありません!! まるで悪魔のような奴です。風に揺られてざわざわするあの音は、
 私を嘲り笑っているかのようです。

と、話がそれましたが、なんにせよ嬉しくなる季節ではあります。山野草が出てきたり、今年がさえずり始めたり…… 今日、施設の周りを歩いてみたら、食べられそうな山野草がいっぱい出てました。タケノコも出始め、春の山菜料理が食卓を賑わすようになるのも、あと少しのようですね。考えてたら、お腹が空いてきました。今日は、メシをハラいっぱい食べてやることにします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------