2012年の6月より始まりました「さんがうら歳時記」です。さんがうらでは四季折々の花が咲き、様々な生き物たちが顔を
のぞかせてくれます。ここでは、そんな田舎ならではの風景や出来事を紹介していきたいと思います。

10月2日 (水曜日) こき使われる研修室

 10月に入りました。月も2ケタ台になると、「秋」といえるような気がします。虫の声も空も山も、秋ら
 しくなりました。暑いのが苦手な私にとっては夢のような季節に突入です。

 今日は、この研修室をご紹介したいと思います。このホームページ内でも良く出てきますね。体験時の開
 会なんかが一番出演回数が多いのではないでしょうか?

 実はこの研修室、しょっちゅう使われています。研修室としては、会議・企業研修などで力を発揮してく
 れていますが、それ以外の用途でも散々にこき使われ…… ではなく、活躍してくれているのです。

 ある時はイベント出演者の控室。またある時は臨時食堂。ベッドを入れた宿泊室、畳を敷き詰めた雑魚寝
 用の宿泊室(ともに2階が満室の場合)、などなど……

 夏休み期間中は、肝試し前の怖いビデオ映写会場としても使われました。次回紹介しますが、旧図書館で
 ある「ふれあい交流室」とともに、本来の使用目的以外の使用頻度が高い部屋です。

黒板、ホワイトボード、テレビ、ブルーレイディスクプレイヤーに、プロジェクターなど一通りあります。ちなみに、ここを宿泊室に換装する場合は、キャンプや合宿などで2階が満室御礼になっている場合がほとんどです。そんな時は当然テレビは外します。不公平はいけません。そしてホワイトボード。これは研修で使いますが、それ以外で、一番よく使われる用途は「落書き」かもしれませんね。気づけば、何か書いてあることも少なくありません。いろんな物が書いてありますが、小学生の落書きでは「ウ●コ」が描かれていることもあります。しかし、これはイカンです。即消去(笑) でもまあ、楽しんでくれているようですし、良しとしましょう!! さて、今日はここまで。 次回予告!! 同じく、こき使われる「ふれあい交流室」を大紹介です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月3日 (木曜日) こき使われるふれあい交流室

 今日は、予告通りに「ふれあい交流室」のご紹介をしたいと思います。ちゃんと予告通りに更新したの
 は、実は初めてのことです。いやお恥ずかしい。

 この部屋も、よくホームページに出てきますね。旧・図書室で本も残してあります。普段は、会議用机
 を並べてあり、研修・会議はもとより学習会などに使われています。しかし、部屋が広く汎用性が高い
 ために、研修室と同じくこき使われている感が強い部屋です。

 控室、臨時食堂、畳敷きの雑魚寝部屋、ベッド入れた宿泊室…… 研修室で代用していた事は、ここで
 も行います。テレビもありますので、ビデオ鑑賞でも使われます。あとは、雨天時の屋内体験会場や、
 お客様の荷物置き場などでも活躍しています。様々な公的な会場として使われることもあります。

 そして、図書室ということで、子供の出入りが多いですね。本を読んだり、楽しそうにしています。こ
 こが研修室と違う点。人気の高さがうかがえます。

この部屋にも黒板がありますが、これに落書きをする人はいません。そこには、人吉市出身の犬童球渓(いんどうきゅうけい:詩人・作詞家・教育者)の「旅愁」の歌詞が書かれてあるのです。「ふけゆく秋の夜 旅の空の……」で始まる歌です。音楽の教科書にも載っていたので、ご存知の方も多いでしょう。聴いていて、とても素敵な歌です。私も以前、故郷を離れていたことがありますが、この歌を聴くと無性にふるさとが恋しくなったものです。そんな「旅愁」ですが、実は日本の歌ではありません。「日本の歌百選」に選定されたこともあり、すっかり日本の歌として定着した感がありますが、これはアメリカの曲です。犬童球渓が翻訳したものなんですね。そしてその素晴らしい歌詞が書かれているせいか、誰もそれを消そうとしないのです。チョークで書いてあるのにもかかわらず、です。というか、消したらもう「プンプン(怒)」です。まあ、それは嘘ですけどね。

さて、今日はここまで。 次回予告!! こき使われる研修室(小) 「どこだそこは?」 待て、次号!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月4日 (金曜日) こき使われる研修室(小)

 久しぶりの3日連続です。今日も予告通りに「こき使われる」ものをご紹介。今回は「研修室(小)」
 「どこだそこは?」 そう思う方も多いかもしれません。研修室(大・10月2日に紹介した部屋です)の
 横にある部屋です。昔は保健室でしたが、現在はあまり日の目を見ることがない部屋です。

 なぜなら、この部屋は研修室として稼働したことは無いからです。使わないのではなくて、使われていな
 いのです。指名ゼロのかわいそうな部屋なんです。そのため、もはや、緊急用の予備部屋として使われて
 います。上記2つの部屋が埋まってしまった場合、最後の手段として使うのです。

 控室、食堂、雑魚寝部屋はもちろんです。この写真はベッドが映っています。前回使った名残ですね。
 「なんだ、あまり変わらないじゃないか」
 ですが、この部屋は先の2つとは比べることもできないほどの過酷な使い方をされるときがあるのです。

 それは、臨時倉庫!! というより、なんでも倉庫!!

そうなんですね。この部屋以外が全部フル稼働しているときは、当然ここしか空きは無いわけです。というわけで、テーブルやらパイプ椅子やら、ホワイトボードやら畳やら、なにもかも入れられてしまうのです。それ以外にもいろんなものが入っていることもあり、落ち着きがない部屋なのです。なんか更にかわいそうになってきました。でも、この部屋があるからこそ、全館稼働ができるんですね。なんでもできるけど一番じゃない。自分は日の目を見ることは無いけれど、仲間をそっと陰で支えている。ん〜、かっこいい!! まさに漢です!! 漢と書いて「おとこ」 男の中の男です。最高の称号の1つです。

さあ、今日はここまでにしましょう。 そして更に加速。 次回予告!! こき使われる文化交流室  何?「入ったことない」ですと? 待て、次号!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月5日 (土曜日) こき使われる文化交流室

 めずらしい4日連続。「次回予告」が出たら必ず更新するという法則が出来つつあります。鉄板、という
 ヤツでしょうか。さて、今日は、文化交流室です。見ての通り、以前は音楽室だったところです。

 ここの使い方というものは、両極端です。館内施設は冷暖房完備が多い中で、ここは冷房が設置されて
 いません。よって、前日まで紹介した3つの部屋と違い、控室や食堂などには使用しません。当然、畳も
 入れません。寝室としては、前に使ったことがありますが、夏は暑くてたまりませんね。

 では、何に使っているか? 通常の利用は、音楽や合唱の練習がほとんどになります。完全防音ですの
 で、気兼ねなく音を出して練習できますし、コンセントも多数設置されていますので安心です。イベン
 トの講演会や コンサート会場としても使います。元・音楽室ならではの王道的な使い方ですね。

 では、もう一つの極端な使い方とは何か? それは、広くて使用頻度が高くない部屋の宿命です。

ここもすごいです。研修室(小)にも負けていません。夏休み期間中は、多くの子供たちが来てくれるので、全室和室に換装します。ということは、ベッドの保管場所が必要になるわけです。そこで、白羽の矢が立ったのがここ。全てのベッド、リースの布団などをここで管理していました。2階にありますので、寝具関係の保管が多いですね。でも、ここまでは考えられると思います。そしてもう一つ、この部屋には重要な役割があるのです。

それは、洗濯物干し部屋。梅雨時期・雨の日や、たくさんの洗濯ものが出た時は、場所が足らなくなります。幸いなことに、この部屋は施設の最西端にあり、西日が良く当たりますので、物干しに最適なのです。部屋の端と端をロープで繋いで、干しています。しかも6本。お客様より、私たちの使用頻度が高いという不思議な部屋ですね。でも、この部屋のおかげで、相当助かっています。使うか使わないかが、はっきりした部屋ですね。

で、この写真。何にもありません。これが普通の状態。では今日は、というと、とてもじゃないですが見せられたものではありません。そう、洗濯物が干してありますから。私たちが何かの理由で使っているときは、入り口に「立ち入り禁止」の張り紙が貼ってあります。部屋の前を通った時にこの張り紙が貼ってあれば、「ああ、そうなのか」とニヤリとしてください。

この部屋もいろんな事に使いたいな、と考えていますね。せっかく多彩な機能があるのに、これだけで終わってしまうのはもったいないですから。臥龍か鳳雛か、はたまた眠れる獅子か? 何か、だんだんかっこよく思えてきました。

さて、長くなってしまいました。本日はここまで!! そして「こき使われる」シリーズもいったん終了。次回予告は、今日は無しです。では!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月20日 (日曜日) 今年最後の稲刈りが終了

 今日は、10月の2つ目の体験イベント「味噌作り体験」でした。またもや、いい天気になり、楽しく体験
 できたこのイベント。詳細は、近日中にホームページにアップします。

 ところで、先週の日曜日(13日)は、「稲刈り・掛け干し体験」でした。この体験の詳細は、すでにご紹
 介しています。やっと稲刈りが終わったとほっとしていたんですが、大事なことをすっかりわすれていま
 した。いや、忘れていたというより気が付きませんでした……

 それは、前に植えていたこの苗。「バケツ苗」ならぬ「発泡スチロール苗」です。風景と同化していて、
 完全に気が付きませんでした。急いで稲刈りをしたのは、実は18日のことでした。余った苗を、個人的に
 植えてみたものですが、小振りながらもちゃんと穂をつけてくれていて、とても嬉しく思います。

 今日、この残った発泡スチロールも撤去し、ついに今年の稲刈りが完全に終了しました。この稲も、掛け
 干ししてあります。次回、ご紹介できればと思っています。

10月の体験イベントは、「稲刈り・掛け干し体験」「味噌作り体験」でした。そしてあとしばらくしたら11月のイベントの告知を行う時期に差し掛かります。7月・8月の夏休み時期を除き、月2回のイベントを開催している当館ですが、11月は少々特殊な形態のイベントとなります。11月17日に「花いっぱい運動」が開催されますが、これは、当館は主催ではなく共催という形でのイベントです。そして11月24日に「こんにゃく作りとつるし柿作り体験」を行います。どちらも楽しいイベントですので、ぜひお越しください。詳細が決まり次第、アップします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月22日 (火曜日) 発泡スチロール苗、掛け干し中

 前回、ご紹介した「発泡スチロール苗」 無事、稲刈りも終わり、掛け干し中です。
 バーベキュー用のドラムを重ね、カラーコーン用のバーをくくりつけて、それに掛けています。

 色を見ると、もういい感じです。実は、昨日学校田の稲こぎが無事に終わりましたので、そちらの田んぼ
 の様子をアップしようと思っていたのですが、こちらにしました。あっちはいつでも紹介できますしね。

 さてさて、この稲たち。上の写真からすると、少し収穫量が少ないように感じませんか? 「あれっ?」
 と思われた方もいるかもしれませんが、気のせいではなく、実際少ないんです。まぁ、ある理由で使った
 からなんですが、一房分くらい少なくなっています。

 しかし、この稲たち。これからどうしたものか。これだけしかないから、いっそ脱穀から精米に至るまで
 の作業を、手作業でやってしまおうか。脱穀機とかそれ以前の原始的なやり方で。いざ、ネットで調べて
 みると、なんとかできそうな感じがします。よし、やってみよう!!

この干してある場所。食堂の外の運動場に面している所なんですが、日当たり抜群な上、雨にも当たらないという最高の場所です。もちろん、これでは片方しか当たらないので、ひっくり返してやりました。余った苗を実験的に植え、肥料なども一切与えず、水の管理以外は放置されていたこの稲たち。せめて食べるまでの過程は、じっくり愛情込めてやりたいと思っています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月26日 (土曜日) しいたけ初収穫!!

 見てください。この、どデカいしいたけたちを!!
 昨日までの台風に伴う雨で、一気に大きくなりました。ここに干してあるのはほんの一部。でかいのばか
 り干してあります。食べごろの大きさのものから、こんなに大きいものまでたくさん収穫できました。中
 には大きくなりすぎて、オバケみたいなものまであります。これから毎日、ほだ木をチェックする日が続
 きそうです。おいしい「しいたけ南蛮」を食べられる季節に突入しました。

 実は、この椎茸は、昨年の3月に「椎茸の駒打ち体験」で菌駒を打ったほだ木から収穫したものです。
 椎茸は菌駒打ちしてから収穫までに約1年と半年かかります。つまりこの椎茸は、初なりだったのです。
 椎茸は、3年〜4年は同じほだ木から収穫できますから、あと数年は楽しめます。収穫時期は、春と秋。

 そして、打った菌が一斉に椎茸になることはありません。今から少しずつ収穫が始まるのです。
 しかも、菌駒を打ったほだ木の数は、相当数ありますので、しばらくの間は収穫を楽しめそうです。
 昨年、「椎茸の駒打ち体験」に来ていただいた参加者の方々に連絡する時が近づいてきたようですね。

さて、今日から2日間、球磨村の「ふれあいまつり」が球磨村総合運動公園で行われています。きっと盛り上がっていることでしょう、と去年の歳時記でも書いた気がします。そういえば、去年も前日まで大雨でした。そして初日に私がお留守番なのも去年と同じなのです。全く同じ展開。ま、忙しさは去年以上ですけれど。明日も晴れのようですが、最低気温は8℃と、朝は寒くなりそうです。今日の夜、現地でお留守番をする方もいらっしゃいます。風邪をひかないように「注意されたし」です。さて、今日はここまで。次回は明日の「ふれあいまつり」のレポートとしましょう。「次回予告」は無し!! ということは更新は、ほぼ明日ではないということです。それがいつかは私の気分次第。まあ、今月中なのは確実なので、待っててください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月30日 (水曜日) ふれあい祭り

 今日は少し遅れましたが、10月26〜27日にかけて開催された「球磨村ふれあい祭り」についてご紹介し
 たいと思います。

 2日間とも、快晴に恵まれたこの「ふれあい祭り」 たくさんのイベントが目白押しで、大盛況となりま
 した。この写真には、あまり人が映っていませんが、まだ開会の前だからです。

 球磨村の「ふれあい祭り」のいい所といえば、その場所が挙げられます。球磨村総合運動公園で行われて
 いるのですが、大駐車場(運動場)と会場が隣接しているために、お客様の負担が少ないです。駐車場は
 2か所あり、しかも相当な数の車を駐車できます。人吉市と近いのも強み。万一に備えて、あらゆる対策
 を講じることが可能です。

 この日も、たくさんの方が来られて、楽しんでおられました。たくさんのブースがあり、どこも人だかり
 ができており、大いに賑わっていたようです。

さて、私たちですが、どこにいたかというと「観光案内」のブース。いろいろとパンフレットを置いてあったところです。見かけた方もいらっしゃるかも知れませんね。背中に「さんがうら」と書かれた緑のジャンパーを着ておりました。でも、ちょっと地味なブースでしたね。これは大きな反省点です。来年は、もっといろんなことをやりたいな、と思っております。もうさっそく構想を練っておりますので、1年後のこの祭りを楽しみにしていてください。では。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------