先月より始まりました「さんがうら歳時記」です。さんがうらでは四季折々の花が咲き、様々な生き物たちが顔を
のぞかせてくれます。ここでは、そんな田舎ならではの風景や出来事を紹介していきたいと思います。

7月2日(月曜日)  インテリア炭

 7月になりました。そろそろ、梅雨明けが見えてくる季節になりましたが、本日も雨に見舞われています。
 球磨村は先ほど、大雨洪水警報が発令されました。まるで夕方のように空が暗くなったと思えば、強烈な
 雨が轟音と共に降ってきます。早朝には雷も鳴り響いていました。早いこと梅雨明けしてほしいものです。

 さて、今日はインテリア炭を紹介します。最近何かと話題になる炭ですが、当施設でもいたるところに置い
 てあります。これは炭焼き体験で作ったものを当施設の女性スタッフがかわいく仕上げてくれたものです。

 効能が素晴らしいですよね。部屋内の湿度を調整してくれますし、消臭効果もあります。カビやダニを駆除
 してくれる上に、ダイオキシンなどの有害物質も吸収します。その上、プラスイオンを吸着させますので、
 マイナスイオンが増加するという素敵な効果も得られます。リビングやキッチン、寝室、トイレ、お風呂に
 と、どこに置いてもOK。まさに万能のインテリアですね!!

 テレビや雑誌等のメディアでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、お風呂の中に炭を入れたり、米と一緒に炊いたりすることもできます。でも、
 そこまではちょっと……という方に是非おススメしたいのが、冷蔵庫や靴箱に入れておくこと。効果テキメン!!劇的に改善されますよ!!炭の種類は、白炭に
 黒炭、竹炭などがあります。インターネットで購入することもできますが、自分で作った炭を使えば気分は更に爽快になります。当施設でも、炭焼き体験を
 実施していますので、興味のある方はぜひご参加してください!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月4日 (水曜日) 日本棚田百選 「松谷棚田」

 今日は「松谷棚田」です。トップページの写真は今年の春に撮影した田植え準備前の棚田の風景。そして、
 左の写真は、今日施設から撮った写真。この写真の向かい側の山の中腹を通る道が見えますが、ここから
 トップページの写真は撮ってあるんです。ちゃんと棚田展望所というのがあります。

 今日、この棚田を紹介したのは理由があります。先日、お隣の人吉市が今年もあのアニメとタイアップする
 ことを決定したからです。そう、「夏目友人帳」です。球磨・人吉の風景が数多く参考にされている作品で
 すが、ここ松谷棚田もその中の一つです。球磨村からは他にも多数選出されています。

 この施設にも、夏目ファンの方が場所を尋ねに来られたことが何度かあります。好きなことに夢中になって
 いる人はイキイキしていますね。みんなとてもいい人でした。この球磨村にたくさんの方が来られるのは、
 とてもうれしいことです。私も、もっともっと球磨村の良さをたくさんの人に伝えたいなぁと思います。

 ただ国道を通過するだけでは味わえない球磨村の本当の魅力。球磨川下りや球泉洞だけではありません。海まで一望できる山の上の沢見展望所、神瀬の石灰
 洞窟、姑落とし伝説の岩、柴立姫神社……まだまだたくさんあります。球磨村に来られた際は、ちょっとだけゆったり気分で各地を探訪してみてください!!
 きっと、今まで知らなかった風景や魅力を発見できますよ!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月5日 (木曜日) 大活躍!! 三本刀!!

 さて、7月になって施設としては最も忙しい季節になりました。そして夏休みまであと2週間!! 今年も沢山
 の方から宿泊や体験・合宿でのご利用をご予約いただいております。私どもとしても、万全の状態でお迎え
 すべくただ今準備の真っ最中です。

 全館がフル稼働しますので、各所の清掃やメンテナンス、施設周辺の道の整備など再チェックしています。
 これらはもちろん普段でもやっていることですが、この時期は利用者が半端なく多いので故障や在庫切れ
 などが起こらないように管理を徹底しています。

 左の写真は、清掃時に使う掃除機です。場所や用途によって使い分けています。届かない所は、写真に映っ
 ているドラムコードで引っ張っています。ちなみに私はほうきも3本使います。三刀流です!! ボールペンも
 3本ですが、悲しいかな4色ペンでした…。

 まあそれはさておき、私も体をメンテナンスしておかねば!! ハードスケジュールなのは構わないんですが、夏バテには気をつけないと!!そして、一番気を つけたい熱中症。倒れたら、いろんな意味で悲惨な目に合います(経験済み)。 球磨地方の梅雨明け平均日は7月14日です。あと1週間近くであの暑い夏が
 やってきますね。暑すぎるのは大変ですが、楽しみでもあります。皆さんも体に気を付けてこの夏を乗り切りましょう!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月7日 (土曜日) 七夕

 今日は七夕ですね。彦星と織姫が天の川で逢う日です。ふれあい交流室(旧図書室)に行きお話を探して
 きました。馴染みの深い話なのである程度は覚えていますが、この機会にもう一度読んでみる事に…。
 小学生向けの本なので5分かかりません。読んだ感想は……… 「へぇぇぇ〜、そーなんだ!!!!」

 なんとまぁ、自分の記憶の曖昧なことか!! 30年以上も昔に読んだ話は、ロマンチックでせつない物語
 だったはずなのに、年齢を重ねた今読むと、愛し合う男と女が夫婦となり愛に溺れてだらしなくなる話
 ではないか!! しかも織姫の父(神)に離れ離れにさせられた上、「きちんと仕事をするなら逢っても
 よいぞ」と説教される体たらく…。もとは2人とも名うての職人だっただけにその情けなさが際立つ…

 昔みたいに純粋な心で読めないのはわかっています。しかし、これじゃああんまりだ。だからでしょうね
 いろいろとアレンジされているのは。いろんなバージョンがあることは、私も初めて知りました。

 ところで、7月7日が七夕というのは本来旧暦(太陰暦)での話です。今年は8月24日が旧暦の7月7日にあたります。この日、旧暦では必ず月は上弦の月に
 なります。梅雨明けしていますし、上弦の月は必ず夜中に沈むので天の川が良く見えます。太陽暦は世界基準であり確かに便利ですが、日本古来の風習にあ
 てはめるのはなかなか難しいようですね。いろいろ調べるうちに、だんだん興味が湧いてきましたよ!! なんだか面白そうです!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月9日 (月曜日) 本日は晴天なり!!

 見てください、この青空!! 昨日・今日と朝から晴天に恵まれました!! 7日の午後から晴れ始めて久しぶ
 りに気持ちの良い日が続いています。見学に来られるお客様も増え、うれしい限りです。

 こういう日は野外での作業です。大雨で出来ていないことを集中して行いました。昨日は地区の方と棚田の
 の草払いをし、田んぼでの作業や敷地内の草払いなど大忙しの一日でした。今日ももちろん野外作業がメイ
 ンとなります。そして今日はなんといってもバーベキューの準備があります!!

 標高が240メートルあり、山沿いに面していますので風も涼しいですね。今日は絶好の野外活動日和です。
 明日までは良い天気が続きそうですが水曜日からはまた崩れるようです。まだ梅雨明けではなさそうですが
 久々の晴れ間を楽しみたいですね。

さて、全国的には梅雨明けしたのは沖縄・奄美地方だけのようです。しかも年平均日ピッタリに梅雨明けしています。ところでこの梅雨明け情報ですが、熊本県は実は九州北部に属します。ところが、球磨・人吉は九州南部に近く熊本県梅雨明け情報と一致することがほとんどありません。平年通りなら北部は7月19日、南部は14日です。球磨村は南部で考えていた方がいいかもしれません。あと、1週間!! 待ち遠しいですね!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月10日 (火曜日) 布団干しを行いました。

 今日は週間の天気予報では唯一晴れの日です。明日からは降水確率80%になり、雨の日が続きます。
 ですから、チャンスは今日!! 布団を干してお客様の来館に備えます!!

 2階のベランダの手すりを拭いてきれいにした後、数回に分けて干しました。結構な数の布団がありますの
 で時間がかかります。でも、今日やっておかないと次はいつ出来るかわかりません。気合を入れて頑張りま
 す!!写真では見やすいようにアップで撮影していますが、このとなりにもずらっと並んでいるんです。

 そして、これは施設内での仕事。野外では、別班がトロッコ道で作業をしています。大雨の影響で道が崩れ
 ていないかチェックしたり、伸びてきた木や雑草を刈っている最中です。大変な作業ですが、お客様の笑顔
 と安全のためにみんなで汗を流しています。木漏れ日の差すとても緑豊かなトロッコ道ですので、皆さん、
 当施設にお越しの際はウオーキングがてら、気持ちのいい汗を流してみませんか?

7月に入り、早10日が過ぎました。ここ数日の晴れの天気でセミがいっせいに羽化したんでしょう。施設の周りではたくさんのセミが鳴いています。周りを
歩くと、さなぎから羽化した後の殻がたくさんありました。耳をすませばアブラゼミにミンミンゼミ、ニイニイゼミなど、たくさんの鳴き声が聞き取れます。夏の風物詩ともいえるセミの鳴き声。「あ〜今年も夏が来たな〜」と実感する瞬間ですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月13日 (金曜日) 昨日は球磨川が増水しました。

 これは昨日の球磨川の様子です。球磨村渡の茶屋という地区から三ヶ浦方面へと架かる相良橋から撮影し
 たものです。奥に見えるのは肥薩線の球磨川第2橋梁。明治41年にアメリカンブリッジ社によって造ら
 れた鉄橋です。午後2時頃の撮影でしたが、橋のすぐ下まで増水していました。写真の左手の山沿いを走る
 旧道は一勝地に至るまでほぼ冠水してしまい通行止めになりました。他にも冠水したところがあり田畑に
 大きな被害が出たうえ土砂災害も多発し、村民の生活環境に大打撃を受けました。
 
 球磨村の消防団もたくさんの団員さんが出動し、その対応に追われていました。

 午後を少し回ったあたりから雨が小降りになり徐々に水位が下がり始めましたが、一日中予断を許さない
 状況が続きました。今日の朝4時頃に大雨の予報がでていましたが、それほど激しくもなく一安心。
 明けて今日、水位は大幅に下がっており、ほっとしながら通勤してきました。

 昨日は休館日だったので、朝から不安な気持ちで自宅から球磨川を見ていました。午前10時過ぎだったでしょうか、みるみるうちに球磨川の水位が上昇していくのが見えました。それはもう、あっという間です。12時過ぎには危険水域をはるかに超えてその轟音が響き渡りました。気象庁は、「これまでに経験したことのない大雨」と表現していましたが、自然の脅威を思い知るというより恐怖すら感じた一日でした。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月14日 (土曜日) 薪置き場です

 ここは見てのとおり薪置き場です。薪というよりはただ切った材木を置いてあるだけですが……。

 この木を割って用途ごとに分類します。

 バーベキュー用や、キャンプファイヤー用など様々な使い方をします。

 特に今からは大量に消費しますので、今のうちにつくっておかないといけません。普段からやるわけでは
 ないのでかなりの重労働に感じます。昔、家に五右衛門風呂があったときは薪割りを手伝っていましたが、
 電化した現在は全くしなくなりましたからね。

 でも今はやらないといけない。そしてやればやるほど、昔の人の凄さがわかります……。

 ところで最近、筋肉痛が治りません。というより一回一回の筋肉痛が治るのが遅すぎます。治らないまま次の作業→筋肉痛→治らないいまま次の作業→筋肉
 痛→治らないまま……。 永久ループです。ま、そこまで言うのは大げさですが。自分の体力の低下に愕然としつつも、体に鞭うって頑張る毎日です!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月17日 (火曜日) 食堂内に「森の文庫」ができました

 当施設自慢の食堂。その一角に「森の文庫」というコーナーを設けました。

 これは、社団法人である日本森林技術協会から寄贈されたものです。
 森林を取り巻く環境や問題、生息する花や樹木、虫などについて書かれた本が並んでいます。

 田舎に住んでいたとしても興味深く観察していないとわからないことばかりですが、この本たちはその事
 を補完してくれます。まさにトリビアの集まりですね。

 当施設へお越しの際は、ぜひご一読ください。学術的な説明をしている箇所は、すっとばして読んでも
 大丈夫です。少しでも山の自然について興味をもっていただければと思います。

しかしなかなか梅雨が明けませんね。南の高気圧が安定しないせいで、梅雨前線が上がったり下がったり…。今日もぐずついた天気です。全国的にも、大雨の
影響がでているみたいですね。阿蘇は千年に一度の豪雨だったとか。球磨村でも復旧作業が続いています。これ以上被害が拡大しないことを祈ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月18日 (水曜日) 九州の横を台風が通過中です

 台風通過中…なんですが天気はいいです。少し小雨がぱらつくこともありますが、12時現在はこんな感じ
 です。時折吹く強い風が心地よく過ごしやすい日ですね。

 九州の他の地域も概ねこのような天気のようです。これくらいで済んでくれれば大助かりです。
 なにせ先日の豪雨で大ダメージを被ってしまいましたからね。山の保水力も復活してないのでヒヤヒヤもん
 です。ここで強い台風が直撃しようものなら目も当てられない事態になっていたのは明白です。

 ただ、今回の台風のせいで九州は梅雨明けが遅れました。しかし、四国・中国・近畿・関東甲信越は梅雨
 明けしましたので、こちらもそろそろかなと思います。

 例年のパターンとして、梅雨明けしたらしばらく猛暑が続きます。注意が必要ですね。

 話は変わって、上の写真に里芋が映っていますね。大きく元気に育っています。収穫は秋なのでまだまだ先ですが楽しみの一つです。さて、明日からは夏の
 土用に突入します。暦では季節の変わり目ですね。いよいよ本格的な夏がやってきますよ!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月21日 (土曜日) パンフレット1000冊制作

 これ、全部当施設のパンフレットです。一山100冊×10で1000冊です。中には案内用紙が入っています。
 朝一で作業を始めましたが、かなりの時間を要しました。もちろんパンフレット自体は業者さんに作って
 もらっていますし、チラシ等も作ってありました。しかし、それをホッチキスで留め中に入れ込む作業とな
 るとこれが大変なんです、意外と。

 なんといっても、単純作業の繰り返しです。ボーっとしてくるし頭は痛くなるしで気持ち悪いのなんの。
 こういう単純作業を普通にできる人たちは凄いなと思いますね。集中力のない人はキツイですよ。

 今年に入って、パンフレットはどれくらい作ったかわかりません。かなりの数を作っているのは間違いない
 ですが、一度に1000冊となると初めてでしたね。これ、一気に使ってしまいます。ということは、また作
 らないといけないわけです。……頭が痛くなってきました……。

それはさておき、ついに夏休みに突入ですね。各地域で夏休みの始まる日は違ってくるようですが、大体今日を境にして突入していくのではないでしょうか?
ついにアツく賑やかな日々がやってきますよ!! 若かモンには負けとられんバイ!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月23日 (月曜日) 梅雨明け宣言、そして今日は美しい夕焼けでした

 今日、ついにというかやっと梅雨明け宣言がでました。今年は、本当に雨が多く辛い日々が続きました。
 九州北部では未曽有の大雨による甚大な被害を受け、多数の犠牲者が出てしまいました。
 1000年に一度の大雨、予想をはるかに超える川の氾濫、数多くの土砂災害と2次災害……。
 数多くの人の命と生活を奪い、深い傷痕を残して梅雨が去っていきました。

 今日の夕焼けは、そんな悲しい季節の終わりを告げるかのような美しさがありました。
 自然は、厳しいけれども優しい顔も見せてくれます。小さい頃に私が感銘を受けた言葉があります。

 「愛というものは、決して優しく甘美なものばかりではない。辛く恐ろしいものであることの方が、
 ずっと多いのだ」と。大自然を例えた言葉でしたが、私にはむしろこの言葉が自分の親の事を表現してい
 るような気がしました。母なる大地とはよく言ったものだと思います。

 さて、梅雨は明けた!! となれば当然梅雨明け10日間の猛暑日。毎年恒例のような気もしますが、これは気をつけんといかんですな。今日は、梅雨明けの
一発目に、渡小学校と渡保育園の子供たちがやってきました。ものすごいパワーにタジタジです!! 詳しくは次回の「来館者スナップ」にてご紹介したいと思います。夏休み一回目にふさわしい子供たちでした!! わしも負けとられん。さー、頑張っていくぞー!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月25日 (水曜日) 今年初!! 梨カレー!!

 今年もついに梨の出荷時期となりました。この時期の梨は「幸水」という品種です。梨の中でも早く出荷
 できる品種です。8月に入れば「20世紀」が、8月下旬には「豊水」「あきづき」が収穫を迎えます。
 さらに9月下旬に「新高」、10月には「新興」と、これから3か月間は梨の収穫と出荷で賑わいます。

 ということで、今日は今年のとれたての「幸水」を使った梨カレーです!!
 今日のお客様は、初もの梨カレーのお客様第1号だったのです!!

 カレーの中に梨が入っているんですが、これがカレーをまろやかにしてくれています。
 しかし、甘くなりすぎずしっかりとしたコクのある風味豊かなカレーに仕上がりました。ルーとともに
 梨の具をほおばると、カレーの辛味と梨の甘みが混じり合って絶妙な味になります。
 う〜ん、美味しいですね〜!! これはぜひ皆さんにも食べていただきたいですね!!
 (料理は要予約です。4日前までにご連絡ください)


 当施設で体験できる梨狩りは8月の下旬からになりますが、8月に入りますと梨ジャムつくりや梨パイつくりなど、梨の産地ならではの体験がたくさんできます。みなさん、夏休みですよ!! ご家族で夏休みの思い出つくりと料理つくりに当施設に遊びにきませんか? お待ちしています!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月26日 (木曜日) 水田の稗(ひえ)取り

 今日は水田のひえ取りです。午後からの作業になりました。これは何度もやらないといけませんね。

 ひえが養分を吸ってしまうので周りの稲たちの成長が遅くなりますし、ひえが成長して種を落とそうも
 のなら後年ずっと悩まされるハメになります。

 地味で辛い作業です。腰は痛いし筋肉痛になるしで体にいいことないんですが……

 しかしこの水田は、イベントでみんなと植えた大切な水田なので、思い入れも人一倍あります。
 きちんと管理して大きく立派な稲穂を実らせてあげなければいけないんです。

 稲刈りと掛け干しの体験の時に、みんなが笑顔で会えるようにひたすら頑張りますよ!!

しかし、この作業は腰に悪いです。今は除草剤なんかも改良されて良いものがありますからまだマシでしょうけど、昔の人はどんだけきつかったんだろう?
もう何度も同じことを書いているようですが、本当に昔の人たちは凄いですよ。体力・気力・精神力、半端ないです。尊敬しまくりです。
そして明日は、土用の丑の日ですよ!! みなさん、うなぎを食べて元気を出しましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月28日 (土曜日) 歴史資料室

 夏休みに入って施設にはたくさんの子供たちがやってくるようになりました。

 そんな子供たちを見ていると、昔のことを思い出します。当時の学校の事、友達の事、部活の事や何を
 して遊んでいたかなど、なつかしい記憶が鮮明に蘇ってきます。
 
 当時の建物が残っていなかったり、大幅に変わってしまっていることもありますが、このころの記憶はな
 ぜだか色あせないものですね。

 そこで、今日紹介するのはここです。歴史資料室。135年間の学校の記憶を収めた場所です。

 とても写真一枚では全体を紹介できませんが、ここには様々な時代の資料や、写真、農機具などが展示さ
 れています。長い歴史を持つ学校ですので、見たこともないものもたくさんあります。

学校を卒業してからは、なかなか母校を訪れる機会がありません。でも、そこに行けばきっとたくさんの思い出が蘇ってくるはずです。
地元から離れてしまった方は帰省の折に、近くの方は夏休みのこの時期に、一度みなさんの母校に帰ってみてはいかがでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月30日 (月曜日) 校訓

 当施設、田舎の体験交流館「さんがうら」にはたくさんの石碑が建っています。
 前身である一勝地第二小学校の碑ですが、敷地内の様々な場所に点在しています。
 
 その一つが旧正門前に建っています。それがこの写真、学校の校訓「明るく たくましく」の石碑です。
 明快な言葉ですね。子供にとって大切なことが凝縮された素晴らしい校訓だと思います。

 そして、この校訓は校内のいたるところで見ることができます。それは卒業生が贈った記念品であったり
 木製のオブジェであったりします。いかに学校が一貫して校訓に沿った教育をしてきたかがわかります。

 さらにこの校訓の優れているところは、小学1年生でも理解できる言葉だということです。小難しくないの
 でいつも唱和できますし、さらには多様な発展性をもたせることのできる言葉でもありますね。

 ところでみなさん、自分の母校(もちろん卒業した学校すべてですよ)の校訓は覚えていますか? 子供が通っている学校の校訓は知っていますか?
全部覚えている方は、ほとんどいないでしょう? ちなみに私も覚えていません。 さぁ!! みなさんアルバムを開いて確認しましょう!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------