2016年 6月12日     日本の棚田百選「松谷棚田」
     棚田オーナー田植え、月次イベント田植え体験

日本の棚田百選「松谷棚田」
「日本で最も美しい村連合」に加盟している球磨村の自慢の風景であり、
先人たちが苦労の末に築き、守り続けてきた地元の誇りある棚田です。

昨年より取り組み始めた「棚田オーナー制」
昨年は球磨村が主催し、今年からさんがうらも一体となって取り組みました。

この日はさんがうらの田植え体験も同時に行いましたが、
オーナーの方や体験の方に加え、球磨村棚田保存会や地元農家の方、
球磨村の少年野球チーム、たくさんの方が応援や指導に来てくれました。

総勢110名以上となった今年の田植え。
あいにくの雨でしたが、目の前を流れていく霧と谷間を縫う霧とが
幻想的な光景を見せてくれました。気温も低く、暑くなかったのも良かったです。

お昼ごはんは、さんがうら体育館にて。バイキングで田舎料理に舌鼓。
みなさんといろんなお話をして、楽しい交流が出来ました!!

皆さんのおかげで無事に今年も棚田に田植えが出来ました。
稲刈りは10月を予定しています。黄金の稲穂が実をつけるのが楽しみですね。
大きく育つように、みんなで一緒になって頑張ります!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


朝早くから、打合せを行い準備を行いました。さあ、待ちに待った田植え本番です!!

雨が降っていたので体育館で開会式。今回はスタッフ、参加者合計で110名を超す田植えとなりました。

雨が降っていましたが、時折谷間を流れてゆく霧は幻想的で、うっとりしてしまいます。

こちらは、さんがうらの体験イベントの田んぼの様子。向かいに見えるのは毎床地区です。


棚田の中腹ではこんな感じ。子ども連れの方や、サポートの方が忙しそうにしています。

2年前に復活させた水田。今年で3回目の田植えとなりました。
 
田植え綱を引いて、赤い玉の所に植えていきます。昔ながらの手植えです。
 
棚田の一つ一つに、棚田保存会の方がついて、サポートや指導をされました。
 
地元の少年野球チーム「球磨・F・ホークス」 今年も大活躍!! 
 
小さい子も頑張りました!! 親子でわいわい楽しそうにしながら植えていました。
 
田んぼの形が複雑なところは大変なんです。
 
こちらは球磨村青年団のみなさんです。
 
鹿カツとかき揚げ。里山の恵み。
 
いちごの寒天。これは大人気でした!!
 
お昼ごはんは、体育館で。ランチバイキングで交流会をしました。いろんな話で盛り上がりました。
 
球磨村の特産品の数々。田舎の自然と里山の恵みでできた、生産者手作りの自慢の品々です。

 集合写真です。本当にたくさんの方々に支えられて田植えが出来ました。ありがとうございました!!

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集