2014年 6月 15日 「田植え体験」〜松谷棚田再生プロジェクト〜

6月15日、父の日。この日は「田植え体験」を行いました。
昨年までは、「さんがうら」の学校田での体験でしたが、今回は
日本の棚田百選「松谷棚田」での体験となりました。

3年間作付されていなかった13枚の田んぼ。この休耕田を復活させての体験です。
「松谷棚田再生プロジェクト」の一環、そしてその第一歩。
そんな記念すべき活動を体験という形で、参加者のみなさんと共有できたことは
大いに意義のあることでした。

当日は、くもり空で少し寒さを感じる天気。農作業にはちょうどいい気候でした。
松谷棚田保存会、JA球磨青壮年部球磨村支部の共催で開催したこの体験イベント。
熊本市や人吉市、さらには東海大学からも学生ボランティアで参加していただきました。
(東海大学の活動はこちらの「来館者スナップ」で紹介しています)

トラクターはもちろん、乗用の田植え機も入らない水田。
不整列で、1施もないような水田が点在する棚田。
先人たちの努力と苦労、稲作にかける執念が結実した棚田。
耕作不利地での田植えをすることにより、先人たちの記憶を追体験した
そんな体験でした。

棚田に吹く心地よい風、眼前に広がる素晴らしい風景。
参加者の皆さんも、楽しく体験されていたようです。

田植えは終わりましたが、これからが米作りは大変です。
みんなで植えた苗。大きく育つようにこれから頑張って行きます。

そして、松谷棚田を元の美しく神々しい姿に戻すためにも頑張ります!!


皆さん、本当にありがとうございました!!


「さんがうら」体育館前で行いました。総勢25名での体験となりました。

松谷棚田の中腹あたり。3年ぶりに復活した水田で田植え体験開始です!!

横一列に並んで苗を植えていきます。

植えているのは、ヒノヒカリです。

おたまじゃくしが手のひらに。アカハラもいました。子供たちは興味津々です。

10時のよけまん(おやつ)中。幸江まんじゅう(自称)と、焼き菓子。大好評でした!!

大きな岩が、棚田の中にも点在しています。この地に広がる地形の影響です。

ちょうど真ん中あたりです。この頃にはみなさん、手つきも慣れてきていました。

無事、体験も終了。復活させた全ての水田に苗が植えられました。感動です!!

昼食は、「さんがうら」にて。みんな充実した表情をしていました。美味しかったです!!

 今回が初!! ダイジェスト版です。

ダイジェスト版その2です。

最後に、みんなでバンザイ!!!! 本当にありがとうございました!!

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集