2014年 5月 24〜25日 田舎料理作りと蛍鑑賞会・梅ちぎり体験

5月後半の2日間。体験イベントを連続で開催しました。
24日に「田舎料理作りと蛍鑑賞会」、25日に「梅ちぎり体験」を開催。
球磨郡内はもちろん、熊本市からも参加いただきました。

「田舎料理つくり」は、午後からの体験。
今回の共催は、松谷地区の老人会のみなさんです!!
地元のおばあちゃんが先生となり、昔から家庭で作られてきた料理を作るという
体験でした。近代化していく料理ですが、この日は、野菜をメインとした田舎の料理。
味付けも昔風で、なんだか懐かしい料理がならびました。

そのごちそうは、みんなで夕食としておいしく食べました。
そして、この時期は蛍が乱舞する時期になります。
ベストの時間帯は、20時〜20時30分の間。それまでゆっくりとくつろぎ、
この日宿泊に来られていたお客様も一緒に、蛍を見に行きました。

闇夜を飛び交う蛍の光は、とても幻想的ではかなげな感じがしました。
寄ってくる蛍もいれば、からかうように周りを飛んでいる蛍もいます。
体にとまった蛍を掌に移すと、その優しい光が、なんともいえず
遠い日の思い出を思い起こさせてくれて、感動しきりの夜でした。


明けて25日は「梅ちぎり体験」です。
三ヶ浦地域の大無田という地区にある梅園へと行きました。
ここでは、園主さんから梅の豆知識や、調理のコツなどをたくさん教えて
いただきました。農家さんならではのアイデアも聞くことができて
みなさん、とても喜んでおられました。
梅ちぎりも、良い梅を収穫しようと、真剣な表情で体験されておられました。

2日間ということで、宿泊しての体験となったこのイベント。
天気にも恵まれました。そして、参加者のみなさんの笑顔が溢れた2日間でした。


皆さん、ありがとうございました!!


地元のおばあちゃんたちが、先生となった「田舎料理作り体験」です。

お母さんではありません。おばあちゃんです。どんな知恵袋が出てきたのでしょうか?

各家庭で違う味付けを、それぞれの料理で再現。年季が違います。

これは、外すことのできない田舎の定番中の定番料理。「お煮しめ」ですね。

午後からの体験だったので、これは夕食です。おばあちゃんたちと一緒に食べました。

ほぼ全て、山菜・野菜で作られています。田舎でも少なくなりつつある、家庭の味です。

夜。乱舞する蛍を見にいきました。たくさんの蛍たちが出迎えてくれました。

明けて25日は「梅ちぎり体験」 大無田地区の梅園へと出かけました。

園主さんといろんなお話をした後、梅ちぎり。たくさん収穫できました。
 
体験後、園主さんと記念写真。みなさん、笑顔いっぱいの体験でした。

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集