2014年 1月31日〜2月1日  先進地研修 
1/31 きくちふるさと水源交流館
2/1 なみの高原自然学校 阿蘇なみの高原やすらぎ交流館

ついに始まった「私たちも顔出します」のコーナー
これは、私たちの活動を少しでも多くの方に知っていただこうと始まった企画です。

その記念すべき第1回目は、この先進地研修の活動です。
1月31日と、2月1日。施設を休館日にさせていただき出発!!

初日1月31日は、菊池にある「きくちふるさと水源交流館」へと行きました。
廃校となった学校を改修した施設で、我々の大先輩です。

午後1時前に到着、館内の注意点を聞いた後、食堂で昼食をとりました。
料理長さんと、料理のことについてお話しながらの食事。たくさんの料理で
お腹いっぱいになり、また料理長さんと球磨村の接点も見つかって
大変楽しい昼食となりました。

その後、フットパスのコースを歩きました。フットパスとは、
森林や田園地帯、古い町並みなど地域に昔からあるありのままの風景を
楽しみながら歩くこと【フット】ができる小径(こみち)【パス】の事です。

途中、道を間違えるという珍道中で、大きくルートを外れてしまいましたが、
無事に正規のコースに戻ることができました。なんとか予定の時間内に帰還。
帰ってきてすぐに今度は、山鹿に向かいました。目指すは山鹿、八千代座。

「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」の灯籠に明かりを灯すボランティアに参加。
とても美しく幻想的な光でした。我々もやってやるぞと、気合が入りましたね。

この日は、きくちふるさと水源交流館で1泊。疲れていたのでぐっすり寝れました。


2日目となった2月1日は、朝食を同交流館でとったあと、すぐに出発。菊池渓谷から
ミルクロードに入り、阿蘇の外輪山の風景を楽しみながらひた走ります。

目指すは、「阿蘇なみの高原やすらぎ交流館」
廃校を活用した交流館として、2002年から活動をされています。
「さんがうら」発足からご縁があり、また「さんがうら」へも足を運んでいただいている
交流館です。我々の大先輩にあたる交流館、そしてスタッフの方々です。

出発から1時間ほどで到着。施設の中を案内してもらいました。
こうやって見学させてもらうと、ものすごい勉強になります。新鮮で、楽しいし
いろんなアイデアも浮かんできます。いろんなことも見えてきました。

ここではみんなで「ピザ作り体験」を行いました。
難しいのかと思っていたら、そうでもなく順調に進みました。
講師の田上さんの指導も上手で面白く、体験内容が面白いというだけでは
ダメなんだ、ということを実感。我々のレベルアップも課題として見えた体験でした。
パイ生地作りからピザ窯で焼くまで、ほんとに楽しかった体験でした。

昼食は、地元のお母さんが作る料理をいただきました。
ただでさえ美味しく、品数も多いお昼ごはんなのに、さっき自分たちで作った
おいしいピザ(本当においしかった!!)まで食べたのでお腹いっぱいになってしまいました。

午後から、交流館の望月館長に、施設の概要や取り組みを説明していただき、
昼食を作ってくれた方々と、「さんがうら」の調理スタッフを交えた意見交換会
も行いました。ここでも、たくさんの刺激を受けました。

そして帰りに、「神楽苑」へ寄ってお土産を購入。帰路につきました。

がっつり、研修漬けの2日間でしたが、とても楽しく勉強してきました。
これをこれからの活動につなげていきたいと強く思っています。



「きくちふるさと水源交流館」のみなさん、

「なみの高原やすらぎ交流館」のみなさん、

本当に、ありがとうございました!!!!


「きくちふるさと水源交流館」到着!!

館内の説明を受けているところです。

昼食。これから歩くので、がっつり食べています。

フットパスへ!! 最高の天気でした。

道を間違えました…… 周りの景色に目をとられすぎました。

正規コースに復帰。木々の間から、素晴らしい風景が見渡せました!!

夕方、山鹿の八千代座前です。この周辺は雰囲気ありますね。マスコミの方もたくさんいました。

竹灯籠に明かりを灯すボランティアに参加しました。総数7000個。最終的に10000個になるそうです!!

「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」 幻想的な明かりでした。

美しいですね。さすが山鹿、圧巻でした。

2日目。「なみの高原やすらぎ交流館」到着!!

施設内の案内をしていただきました。

ピザ作り体験。2班に分かれて体験しました。

パイ生地から作りました。面白いですね!!

完成。右から2番目の方の後ろに映っているのは、我々のいたずらです(笑) ユーレイではありません。

結構、簡単にできるものなんですね。あっという間に出来上がりました。

こちらは、自作されたというピザ窯です。

昼食。食べ過ぎました… でも、美味しかったです!!

料理を作っている方々にいろんなお話を聞くことができました。奥が「さんがうら」のスタッフです。

 帰りに「神楽苑」でお買い物。お土産を買って帰路につきました。楽しい2日間でした!!!!

 「なみの高原やすらぎ交流館」の調理スタッフの方々との記念写真です。

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集