2014年 1月 12日  炭焼き体験

2014年、ついに新しい年が始まりました。

今年一発目のイベントは、「炭焼き体験」
「さんがうら」としては、3回目となる体験イベントでした。

場所は、炭焼き釜の関係上、一勝地温泉かわせみ隣りの球磨村振興センターで
行いました。当日は9時集合で体験開始。

講師は、振興センターの管理人の松江憲継さんです。
松江さんの指導の下、チェンソーの使い方を教えてもらったり、
竹炭用の竹の節に穴を開ける作業をしたりしました。

炭窯の中に入れる作業は、みんなで力を合わせて行いました。
かなりの力仕事。昔の人の知恵と苦労を改めて知った作業でした。

最後に火入れを行い体験終了。10日ほどしたあとに炭窯から出します。
出来たものは、5sずつ体験に来られた方に送ります。

そして、最後はあずまやの囲炉裏を囲んでのお昼ごはん。
豚汁やしし肉などが並び、楽しくおしゃべりしながら過ごしました。

今回で3回目だったこの「炭焼き体験」
いつもながら、今現在の私たちが置かれている状況が、
いかに恵まれているかが実感できました。先人たちの知恵や技術、そして想いを
いかにして後世に伝えていくか、その大切さと大変さも学んだ1日となりました。

参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!

そして、力仕事お疲れ様でした!!


振興センターで体験。天気にも恵まれ一安心。でも、少し寒かったですね。

講師をしていただいた、松江憲継さん。この振興センターの管理人をされています。

松江さんから、チェンソーの使い方や、竹の節に穴を開ける事を教えてもらいました。

窯の中に、切った木や竹を入れていきます。外と中、二手に分かれて作業を行いました。

木は、なかなかの重量がありますので、流れ作業で渡していきました。

中に入れ終わった後、蓋をします。これは重要な作業。松江さんがするところを見学しました。

最後に火入れを行いました。出来上がり、窯から出すのは10日後。楽しみですね!!

20分おきに薪を入れないといけません。この後も根気のいる作業が続くのです。
 
お昼ごはんの準備中。あずまやは雰囲気ありますね。網は、しし肉などを焼くための網です。
 
体験後の昼食。美味しいごはんと、楽しいおしゃべり。みんなで楽しんだ1日となりました!!

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集