2013年 9月19日   「名月鑑賞会」 

この日は、「さんがうら」初の平日のイベントでした。
なんといっても十五夜、そして中秋の名月です。この2つが
同じ日に重なるのは、8年後とのことです。しかも、天気は快晴。
雲ひとつない空に胸が高鳴りました。

午後からの体験開始。お月さまへのお供えのために白玉団子と
熊本名物「いきなり団子」を作りました。

作り終わったら、バスでおでかけ。秋の七草探しです。
球磨村山野草の会の方のガイドで、茂田地区へと行きました。
ここは、山道を登って行った先にある集落です。突然目の前に現れる平野。
そこは、生活水も自然水を使えるほど豊かな場所です。

みなさん、チェック表片手に、季節の山野草を一生懸命探しておられました。

帰って来てからは、お供えの準備です。団子に、栗に、ススキに、七草にと
みんなで作ってお供えしました。

この日は、月の出が18時少し前。「さんがうら」から見えるのは19時30分を
過ぎたころ。それまで、夕食をとりながら待ちました。

ついに出た真ん丸お月さま!! 周囲には光もなく、そして雲もない。
山の間から出た月は美しく、神々しささえ感じました。
十五夜さん、中秋の名月ということもありますが、なによりも、
イベントに来られた皆さんと、こうやって見上げた夜空に、感動しました。

球磨郡、人吉市以外から来られた参加者の方は、今日は当館にご宿泊。
焼酎片手に楽しそうにしておられました。

闇夜を煌々と照らすお月さまを見上げて、感動しきりの夜長でした。


ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!


今日はお昼過ぎからの体験。中秋の名月にちなんだ体験を行いました。


まずは調理実習室にて。白玉団子と「いきなり団子」を作りました。お供えにも使います。


楽しくおしゃべりしながら作りました。

白玉団子。黄な粉や黒蜜をかけて食べます。

熊本名物「いきなり団子」 中にカライモとあんこが入っています。美味しいですよ!!

この後、茂田地区へ秋の七草を探しに出かけました。球磨村山野草の会の方が案内されました。

茂田地区は、標高500m程の場所にあります。山道を抜けると、目の前に突然、平野が広がります。

採ってきた草木でお供えを作ります。みんなで作ったお供えです。これはすごい!!

完成。お昼からの体験の集大成です。

夕食を食べながら、月が出るのを待ちました。

出ました!! お供え物を出してお月見です。ひんやり涼しく、気持ちのいい夜でした。周囲に明かりもないこの場所。煌々と輝く月は、息をのむ美しさでした。
 
みんなで見る満月。十五夜・中秋の名月、そして雲ひとつない空。全てが完璧にマッチングした特別な夜でした。 

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集