2013年 5月12日 「田舎料理作り体験」 

ゴールデンウィークも終わり、周りはいつもの生活に戻りました。
天気は五月晴れ、少々暑かった5月の第2日曜日。
5月のイベント第1回め。今回は、「田舎料理作り体験」です。

料理を作る、というだけではなく、今回は、かまど(クド)を使ってみよう、という
体験です。生活の時間帯は通常に戻りましたが、料理に関しては、昔にタイムスリップ
した感じでした。みなさんもわくわくされていたようです。

いつもは、調理実習室を使って作業しますが、今回はすべて屋外!!
野菜を切るのも、米を研ぐのも、何もかもです。
火起こしはもちろん、薪で火力を調整したりと、いつもの体験とはちょっと違います。
いろいろ戸惑うこともありましたが、みんなで協力して作りました。

有名な「はじめチョロチョロ、中パッパ……」 昔の人の苦労と凄さを実感しました。
でも、それだけに、できあがった料理の味は格別!! ごはんに、山菜おこわ、つぼん汁
などなど… この他にも、ふきの煮物やだんごも作りました。

また、しし肉・鹿肉のバーベキューや、鮎の塩焼き(焼き串)
も出ておなか一杯になりました。

今回は私たちも参加者の皆さんと一緒になって作業しました。もう参加者と同じです(笑)
でも、新鮮でとても楽しい一日でした。こういうイベントがもっとあってもいいなぁ、と
心から思いました。皆さんも楽しんでおられたようです。お土産もたくさんありましたね。

初夏を思わせる汗ばむ陽気の中で、昔を追体験できた楽しい一日でした。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!!


今回の体験は、すべて屋外!! クドを使います。


火起こしから。屋外料理体験って面白いです!!


藤棚の下で、ふきの皮むき中です。

薪の出し入れで火力を調節します。中々難しいんです。

屋外は広々としていますから、話も弾みました!! 
解放感がありますね!!

竹の皮をきれいに折ります。山菜おこわを包むのに使い
ました。

鮎の塩焼き。しし肉・鹿肉のバーベキューもあり、
球磨村の山と川の幸が勢ぞろいです。

これは、だんごですね。 黒砂糖味と、あんこ味を作り
ました。もちもちして甘かったです。

作った料理で昼食。クドで炊いたご飯も、山菜おこわ
・つぼん汁も美味しかったです!!

参加者の皆さんに混じって、私たちも体験しました。本当に楽しかったです。またこういうのをやりたいです!!

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集