さんがうらとは?

平成22年3月に135年の歴史を閉じた一勝地第二小学校に新たな風を吹き込み、農林業の体験や自然に親しむ拠点として生まれ変わりました。これまで多くの子ども達が学んだ校舎で、これから自然とそこに暮らす人との交流の場として、また企業や学校の会議や研修、野外活動、各種サークルや団体の合宿などにもご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

重要なお知らせ: 10月1日より施設の利用料金が改定されました

10月1日の消費税の変更に伴い、施設の利用料金が変更となりました。下記のリンクより、変更後の料金表をダウンロードできますのでご利用ください。
尚、球磨村の各施設によっては当館と金額が異なりますのでご注意ください。

@ 田舎の体験交流館さんがうら 料金表(PDFファイル)

A 宿泊料金早見表(PDFファイル)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来館者スナップに関するお知らせ

夏休みの来館者を主に紹介している「来館者スナップ」のコーナーですが、ただ今制作中です。
本来ならば、すぐにページ上でご紹介するところですが、更新に遅れが出ておりご迷惑をおかけ
しております。楽しみされている方もいらっしゃるかと思いますが、今しばらくお待ちください。
各ページができ次第、来館者スナップのコーナーに上げていきますので、どうぞよろしくお願いい
たします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年 10月 13日(日曜日)

「棚田オーナー稲刈り」 「さんがうら稲刈り体験」

「田植え体験」に引き続き、第5回目となる「棚田オーナー稲刈り」
そして第8回目となる「さんがうら稲刈り体験」も同日開催しました。

昨年は、台風の影響で中止となった「稲刈り」
参加予定の皆様から是非ともやりたかったとの声が多く寄せられ、今年は
何としても開催したいと思っていました。

台風が接近してはおりましたが、九州を逸れたため、無事に開催できました。
この台風が、あの「台風19号」でした。関東・東北の方のことを考えれば、
手放しでは開催を喜べませんが、秋の風物詩を参加者の皆さんと一緒に
体験できたことに感謝の思いでいっぱいです。

良き天気に恵まれ、秋の松谷棚田で地域の皆さんと一緒に稲刈りを楽しみました。
わずか2時間の体験でしたが、9枚の棚田の稲刈りと掛け干しが終わり、充実感あふれる
1日となりました。そして昼食を囲みながらの交流会と、存分に楽しんだ体験。

皆さんのおかげで、今年も棚田の維持再生への取り組みを続けられたことに
心から感謝いたします。

参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!



地元の少年野球チーム、球磨・F・ホークスの子供たちと保護者の皆さんもご参加いただきました。

2度の台風で稲は倒れておりましたが、素晴らしい風景の中、稲刈りを楽しみました。

少年たちのパワーは凄かったです。あっという間に作業が進んでいきました。

中段の3枚は子供たちの力であっという間に終了。その後、野球の練習で、すぐに移動。これまたすごい!!

参加者の皆さんは広めの田んぼで体験。だんだんと手慣れた手つきになり、後半はものすごいスピードに。

お昼ご飯は屋外交流施設で。美味しい料理と楽しい交流会であっという間に時間は過ぎ去りました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年 10月 12日(土曜日)

「柚子こしょうつくりとおはぎ作り体験」

本当は9月22日(日)に開催予定だったこの体験。
台風の影響を受けて、延期となってこの日に開催しました。

普段は、「中止」なのですが、あまりにも人気なので、今回は「延期」ということに。
イベントの延期は、実はさんがうら初です。

取れて柚子を使った柚子こしょう、そしておはぎで、秋の味覚を満喫しました。
台風の影響で少し風が吹きましたが、ほぼ影響はなく無事に開催できました。

食の体験は、いつも参加者の皆さんのパワーに圧倒されまくりです。

参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!



屋外交流施設で体験。まずはおはぎ作りからです。

あんこも思い思いの量を使って、丸め込みました。

柚子を洗っている作業です。採れたての柚子のにおいで、室内は良い香りでいっぱいになりました。

包丁・ピーラーなどを使って、柚子の皮を次々にむいていきます。

すり鉢を使っての作業。これは大変作業ですが、楽しく体験されていました。

柚子こしょうの出来上がり。昼食の汁ものに入れて、みんなで味見をしました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年 6月 9日

「棚田オーナー田植え」 「さんがうら田植え体験」

第5回目となる「棚田オーナー田植え」
そして第8回目となる「さんがうら田植え体験」同日開催しました。

日本の棚田百選「松谷棚田」での体験で、参加者や地元住民など80名以上の
田植えで賑わいました。一つの体験を、みんなで一緒になって行うのは
とても楽しいものです。いろんな交流もあり、大盛況のうちに終了しました。

お昼の地元の郷土料理の数々も、とてもおいしかったです。
美味しいお米ができるように頑張っていきます。

参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!



開会式を後ろから撮影。さんがうらは屋根の改修中。

一列にならんで、昔ながらの手植え体験です。

向かいの毎床地区の山々の姿が、棚田の様子をより一層際立たせています。

昔の人の大変さが身に染みてわかります。でも、みんなでやると楽しいですね。

地元の棚田保存会の方も一緒になって田植えの仕方などを教えていただきました。

屋外交流施設でお昼ご飯を食べました。楽しい交流会となりました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年 5月 5日

「お茶摘みとあくまき作り体験」

今年のゴールデンウィークは、10連休でしたが、さんがうらは連休中も活動中!!
5月5日という日程ながら、多くの方にご参加いただき、楽しく体験できました。

あくまき作りを体験した後、那良地区に行き、お茶摘みを体験。
八十八夜と節句にちなんだもので「ちょこっと田舎暮らし」を体験しました。

快晴、しかもそれほど暑くなく、気持ちの良い体験ができ、大満足の一日でした。

参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!



屋外炊飯施設であくまき作りを体験です。

羽釜に入れて炊きます。今は圧力釜でもいいですね。

お茶摘みの様子。周りでは田植えの準備が始まっていました。

お茶の新芽。この葉を煎って飲もうなどと誰が考えたのでしょうね。

火の強さにもよりますが、2〜3時間の間であくまきが完成します。

あくまきの出来上がりを待つ間、お昼ご飯でゆっくりとお話をして楽しみました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------


2019年 4月 7日

「春のさんがうら山菜ツアー」

春になると、山々が色づき始め、明るい緑が多くなってきます。
輝く季節といった表現がぴったり当てはまるくらい、生命に満ち溢れた
季節がやって来ました。今年度一回目の体験は毎年大人気の「山菜ツアー」

この日は天気に恵まれ、参加者の皆さんと一緒に散策と山菜摘みを楽しみました。
たくさんの春に囲まれ、大満喫した一日。本当に楽しかったです。

わくわくする季節の始まり。今年度も張り切っていきます!!

参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!



茂田集落のご協力を得て、開催しているツアーです。

春の恵みを求めて歩きます。

わらび。こんなところにポツンと一つだけ。生命の強さを感じる瞬間です。

これも大人気のタケノコ掘り。たくさん採れて大満足でした。皆さん夢中でした。

タケノコ掘りの様子。小さいですが、これくらいのが一番おいしいんです。

お昼ご飯は屋外施設で、花見をしながら山菜づくしの田舎料理でした。


------------------------------------------------------------------------------------------------------


2019年 3月 10日

「椎茸の駒打ち体験」

この季節ならではの林業体験「椎茸の駒打ち体験」
相変わらずの人気です。当日は雨でしたが、屋外炊飯交流体験施設で
皆さんと一緒に体験を楽しみました。

頑張って作業されたので予定より早く終わり、その分お昼ご飯を
ゆっくりと楽しみました。

1年半後の収穫時が今から楽しみですね!!

皆さん、本当にありがとうございました!!



当日雨にて、屋外炊飯交流体験施設で体験です。

講師は「球磨村 農愉会」の椎屋さんです。

椎茸ドリルで穴開け体験です。

こちらでは駒を穴にトンカチで打ち込む作業。

あいにくの雨でしたが、皆さん楽しんでおられたようで良かったです。

1時間ほどゆっくり昼食を楽しみました。屋外で食べる田舎料理はおいしいですね。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年 1月 27日

「味噌作り体験」

大人気の味噌作り体験、今年も1月下旬開催しました!!
昨年とは打って変わり、雲一つない大空!!
参加者の皆さんと楽しく体験しました。

結構、力がいる作業が多いのですが、皆さんいろんな話を
しながら、楽しまれていたようです。
出来上がった味噌は3か月ほど熟成させれば出来上がり。
ご家庭の味に、また一つ新しい仲間が加わります。
楽しみですね!!

皆さん、本当にありがとうございました!!



室内で開会。今日の説明をさせていただきました。参加者は定員いっぱいの15名様でした。

臼と杵を使って大豆をつぶしていきます。若い人に「頑張れ!!」の声がかかっていました。

次は調理実習室へ移動して作業しました。

麹を入れて練ったり、煮汁を入れたり…

出来上がった味噌は3sお持ち帰り。(持ち帰る用のパックで、このまま熟成さるわけではありません)

おいしい食事中、ちゃっかり2月以降のイベント案内までさせてもらいました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年 1月 13日

「どんどや」 「レストランならがわ」

2019年、平成31年最初のイベントは「どんどや」
地域行事の一環として、またいろんな人が集まり交流できる場として
開催しています。今年で5回目の開催となりました。

地域の方々、地元の球磨村消防団第五分団の皆さんをはじめ
多くの方々がご来場されました。また、「レストランならがわ」も
ご利用いただき、1年の最初にふさわしい催事となりました。

今年1年の皆様の無病息災と、五穀豊穣を心よりお祈りいたします。

今年も張り切って頑張ります!!

皆さん、本当にありがとうございました!!



この日は珍しく無風状態。さらに消防団の警護付き。とても安心でした。

竹の節が破裂する音が山々に木霊します。どんどやの醍醐味の一つですね。

ぜんざいのふるまい。そのほか、地域の方から寄せられた品々も出ました。

山の食菜「ならがわ」自慢の料理。腕を振るって食堂で営業です。

中には「レストランならがわ」だけご利用の方も。2つのイベント合わせてたくさん来ていただきました。

消防団の皆さん、本当にありがとうございました!!


------------------------------------------------------------------------------------------------------


これより以前の体験は、「体験一覧」からご覧になれます。

問い合わせ及び申し込み:田舎の体験交流館「さんがうら」

〒869-6402熊本県球磨郡球磨村大字三ヶ浦乙629-3

          TEL:0966(32)0443 メール:sangaura@kmbb.jp

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集











VISIT 熊本県